デカフェを活用して妊娠中もコーヒーを楽しもう

お仕事の合間に一息ついて一杯。
食後に一杯。コーヒーが大好きで、一日の中のコーヒータイムを待ち遠しく思っている方も多いのではないでしょうか。

そんな方がもし赤ちゃんを授かった場合、ちょっと困ったことになるかもしれません。


食事内容を制限されたり、体調を優先して行きたいところに行けなかったりと、何かとストレスの多い妊婦生活。

せめて大好きなコーヒーを飲んでホッと癒されたい…と思う方も多いかもしれませんが、コーヒーに含まれるカフェインが胎児の負担になる可能性もあり、「妊娠中は控えるように」とも言われています。



「一日一杯程度なら影響はない」という説もありますが、カフェインを気にしながら飲むのはかえってストレスになってしまいますよね。そんな妊婦さんの強い味方がデカフェです。
コーヒーから様々な方法でカフェインを取り除いたデカフェ製品は香りや味では元来のコーヒーにやや劣ると言われているものの、「コーヒーは飲みたいけどカフェインは摂りたくない」という方々の強い支持を受け、最近では大手コーヒーチェーンやインスタントコーヒーなどでも販売されるようになりました。

妊婦さんはもちろん、「寝る前だけどコーヒーが飲みたい」という時や、健康上の理由からカフェインを避けている人などにとっては大変便利な製品です。



コーヒーだけでなく紅茶や日本茶、コーラなどにもカフェインの大半を除去したデカフェの製品があります。

それらをうまく活用して、快適なマタニティライフを送ってみてはいかがでしょうか。

気軽にBIGLOBEニュース情報はこのサイトにおまかせ下さい。