レギュラーコーヒーを淹れる手間について

レギュラーコーヒーとは、挽いた豆の粉にお湯をかけて抽出するコーヒーの事です。

対してインスタントコーヒーとは、コーヒーを乾燥させて粉末にした物の事を指します。

どちらが良いかと言う問答はよくありますが、一概にどちらが良いとは断言できません。コーヒーとはどうあっても嗜好品の域を出る物ではなく、そこには飲み手の意識が大きく関わってきます。
インスタントのメリットは、湯に溶かすだけで、ゴミも少なく、とても手軽にコーヒーを楽しめる事であり、レギュラーコーヒーのメリットとは、何と言ってもその風味と味です。

インスタントとは格段に差があるので、素人でも違いが判ります。



そしてそれぞれのデメリットとして、インスタントは手軽さを追求した事で、やはり味が劣ります。

レギュラーコーヒーの場合は、手軽さが無く、時には消耗品の買い足しが必要になる、と言う所でしょう。

味に拘るなら、レギュラーコーヒーの選択になりますが、コーヒーであれば味に拘らない人は、インスタントでも十二分に楽しむ事が出来ます。
味は求めるが手間が面倒でインスタントと考える人は、何度かレギュラーコーヒーを淹れてみる事をお勧めします。

水を入れ、粉をセットし、あとは抽出される数分の間、別の用事を済ませていれば勝手に出来上がります。

レギュラーコーヒーについて学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

後片付けはバスケットのフィルターを粉ごと生ゴミ用のゴミ箱等に捨てるだけであり、1度に数杯分作れます。

やってみれば、実はそれ程手間で無い事に気づくかもしれません。

Girls Channelの最新情報を紹介します。